by 日本新聞協会
BACK INDEX

NEWSお知らせ

2016.04.11 update.

HAPPY NEWS 2015贈賞式を開催!

日本新聞協会は4月6日、2015年度のHAPPY NEWSキャンペーンの結果を発表しました。

同9日には東京の二子玉川ライズで、贈賞式を開催。HAPPY NEWS大賞に輝いた神奈川県の川村玲子さん、新聞記事に登場して読者を幸せな気持ちにした「HAPPY NEWS PERSON」に選ばれた愛知県の山口愛未さん、田上雄也さん、同特別賞のラグビー日本代表チームを代表して日本ラグビーフットボール協会で特任理事 広報・プロモーション部長を務める藪木宏之さんが登壇しました。

キャンペーンのゲスト審査員である森本千絵さん(アートディレクター)、miwaさん(シンガー・ソングライター)がプレゼンターを務め、それぞれ表彰状やトロフィーなどを贈呈しました。

 

photo-hn-award2015-01
左からmiwaさん、田上さん、山口さん、川村さん、藪木さん、森本さん。
右端は作品の審査に当たった篠原直己・新聞協会新聞PR部会部会長(日本経済新聞社)。

 

HAPPY NEWS大賞を受賞した川村さんは、2015年9月4日付の朝日新聞朝刊に掲載された「バスの中 泣き止まない乳児 その時」にコメントを寄せてくれました。バスの運転手による粋なはからいを伝える記事に、応募者が自らの経験を重ね、素直に共感をつづった点が評価されました。

贈賞式では、プレゼンターの2人がトロフィーなどを贈呈。川村さんは「記事を読み、数十年前の自分の育児中の体験を思い出し、幸せな気持ちになった。今回の受賞で二重に幸せになり、本当にありがたい気持ちでいっぱい」と喜びを語りました。プレゼンターの森本さんは「自分も8か月の娘がいて、本当に共感した。子育て中の母親が勇気づけられるいい記事だと思う」、miwaさんは「自分のライブにも、子どもを連れて来られる方がいる。記事に出てくるバスと同じように、親子が楽しめるライブを心がけようとあらためて感じた」と感想を話しました。

photo-hn-award2015-02

「HAPPY NEWS PERSON」の山口愛未さんと田上雄也さんは、名古屋市内の銀行に勤める先輩と後輩。朝の通勤時に地下鉄で目が不自由な方の介助をしていた山口さんが、転勤を機に後輩の田上さんにその役を引き継ぎました。15年6月23日付の中日新聞夕刊「朝の地下鉄 つなぐ善意」で取りあげられました。

9日には贈られたトロフィーを手に、山口さんは「今回の受賞に恥じないよう、今後も気配りをしていきたい」、田上さんは「受賞はとても光栄。これからも自分の行動につなげていきたい」とコメント。助けを必要とする人に、手をさしのべる大切さを強調しました。

photo-hn-award2015-03

photo-hn-award2015-04

また、今回のHAPPY NEWS PERSON特別賞には、15年のラグビー・ワールドカップで強豪・南アフリカを相手にドラマチックな逆転劇を見せ、日本のみならず世界中を興奮させたラグビー日本代表チームが選ばれました。今回のキャンペーンにも、熱狂冷めやらぬコメントが多数寄せられています。

日本ラグビーフットボール協会を代表して登壇した藪木特任理事は「今年のリオ五輪には男女ともに出場が決まり、19年には日本でワールドカップが開かれる。今後もラグビーを通じ、皆さんに感動とハッピーを届けていきたい」とあいさつ。今後の活躍に向け、さらなる声援を呼びかけました。

photo-hn-award2015-05

 

4月9日に先立ち、HAPPY NEWS大学生大賞(グループ)に選ばれた花園大学・教職課程の皆さんへの贈賞は、京都市内の同大学で2月25日に行われました。当日は、指導に当たった文学部教職課程の中善則准教授や学生らが出席。京都新聞社の速水輝彦・取締役経営管理担当、経営企画局長、大阪支社長から表彰状と賞金が贈られました。

photo-hn-award2015-06

【中善則准教授のコメント】

新聞を読む学生を育てたいと思い、授業で新聞に親しんでもらっています。ネットが流行する中、新聞ほど確かな情報源はありません。学生たちには、授業で新聞を使う教師になって、「新聞を読むのが楽しい」という子どもたちを育ててほしいです。

小出健太郎さん(大学生大賞〈個人〉受賞者)のコメント】

女子高生が同級生の男子にちょっかいをかけられ、腹を立てているという人生相談の記事を選びました。ちょっかいの理由を「恋」と分析し「色んな気持ちを感じることを大切にして」というメッセージに温かい気持ちになりました。嫌なニュースだけでなく、ほほえましいニュースも読めるのが新聞の良さだと思います。

 

HAPPY NEWS 2015の受賞作は、いずれも読んで温かな気持ちになれる力作ぞろい!

受賞作品を通し、新聞が事件・事故だけでなく、幸せな気持ちになれるニュースも届けていること、そして、「気づき」に満ちたメディアであることを感じてください。

http://www.yondoku.com/happynews/prize/

RECOMMEND“よんどく!”おすすめ記事

HAPPY NEWS 2015 大賞新聞社のNIB出前授業18歳選挙スペシャルインタビュー