by 日本新聞協会
BACK INDEX

NEWSお知らせ

2016.06.07 update.

コーヒーフェスティバルで新聞をPR

日本新聞協会は5月21、22の両日、東京・渋谷の国連大学中庭で開かれた「TOKYO COFFEE FESTIVAL 2016 spring」に新聞PRブースを出展しました。新聞協会のブースには1000人以上が訪れ、コーヒーとともに実際に新聞を手にとるなどして、多くの来場者でにぎわいました。

 

TOKYO COFFEE FESTIVALには、隣接した場所で同時開催された「Farmer’s Market @UNU」とあわせ、2日間でおよそ5万人が来場しました。全国のコーヒーショップに加え、本屋さんなどコーヒーのお供にぴったりのブースも出展。新聞もこれらの仲間に加わり、あわせて約50のブースが並びました。

yondoku_coffee -58

会場ではイベントのオフィシャルペーパーとして、新聞協会が制作に協力した「COFFEE and NEWSPAPER」が配られました。新聞とコーヒーの深い関わりを探る内容で、新聞を置いているカフェ店主へのインタビューやカフェ文化などと新聞の歴史のほか、新聞ができるまでを紹介したルポなどが掲載されています。

yodoku_coffee - 9

ブースには当日付の在京一般紙朝刊をはじめ、全国各地の新聞がそろいました。出身地の新聞を手にとる人々のほか、地方で発行されている新聞を初めて見たという来場者も多く、「地域の情報が非常に詳しく載っている。とても面白い」といった声が寄せられました。

yodoku_coffee - 49

ブース内では新聞社社員と来場者のトークタイムが2日間で計5回、開かれました。さまざまな新聞を広げつつ、デジタルメディアとの違いや新聞ごとの特徴などを話しあったほか、知られざる新聞作りの苦労話で盛り上がりました。

yondoku_coffee - 56

子どもや女性の参加が多かったのが、新聞記事の切り抜きを使ったワークショップ。全国の新聞記事の中から、自分が気に入った記事を探し、クレヨンやテープで飾りを付けたりメッセージを添えたりして、パネルに貼る――というもので、特に若い女性には、ハッピースクラップ帳も人気を集めました。

yodoku_coffee - 19yodoku_coffee - 15

新聞協会は今後も、さまざまなところで皆さんが新聞に触れる機会をつくっていきます。これからもご期待ください!

RECOMMEND“よんどく!”おすすめ記事

ハッピーニュース2016発表新聞社のNIB出前授業18歳選挙ハッピーニュース2017募集中!スペシャルインタビュー