by 日本新聞協会

おいしい情報は新聞から 杉浦太陽さんと新聞レシピ de クッキング

新聞には四季折々の旬を感じる料理がいっぱい。季節の食材を使ったレシピを通して出会う「食」の楽しみは、家族みんなを幸せにします。朝、新聞で見つけた記事を今日のおかずの一品に。気軽に新聞を楽しむ生活を始めてみませんか。

新聞の情報が笑顔につながっていく!

新聞記事には、レシピだけじゃなくて旬の食材や各地の名物料理など、食に関する情報がたくさん詰まっています。そんな「おいしい情報」をきっかけにすれば、親子の会話も弾み、家族みんなが笑顔になるんじゃないかな。うん、おいしい情報って最高や!

子どもと一緒に新聞を楽しもう!

僕が料理に興味を持ったのは、グルメ漫画が好きだったから。好きなことって、調べたくなりますよね。だから、子どもたちにいろいろなことを教えてあげたい。うちでも新聞記事をきっかけに、子どもたちと話をしたり、読み終えた新聞でカブトをつくって遊んだり。知識だけじゃなく遊び道具としても活用しています!

レタスは5ミリ程度の短冊切りに

レポリ袋を使って混ぜれば
手も汚れません!
肉汁を閉じ込めるため
しっかり包もう

シャキシャキのレタスとお肉がミックスされて軽い食感!外はぱりぱりで中はジューシー。旬の食材を使って親子一緒にオリジナルギョーザを楽しんでみて!

今日の一品

レタスたっぷりギョーザ
【材料(20~24個分)】

具:レタス100g▽豚ひき肉150g▽しょうが(みじん)1/2片分▽にんにく(おろし)1/2片分▽しょうゆ 大さじ1▽塩 小さじ1/4▽こしょう 少々▽ごま油 大さじ1▽片栗粉 大さじ1▽酒 大さじ1~2▽小麦粉(焼き用) 小さじ1▽サラダ油・ごま油(焼き用) 適量▽ギョーザの皮20~24 枚

【作り方】

①レタスは幅5mm程度の短冊切りにしてポリ袋に入れる。そこへごま油を加え、袋を振ってごま油を全体に回す②残りの材料をすべて入れ、よく混ぜ合わせる③ギョーザの皮で包む

【焼き方】

①小麦粉と熱湯100mlで溶いて用意しておく②フライパンにサラダ油をしき、餃子を並べてから火をつける。焼き色がほどよくついたら1を一気に入れふたをする③フライパンの水分がなくなったらごま油をかけて、皮をパリッと焼く

<監修:落合 貴子 栄養士・フードコーディネーター>

杉浦 太陽(すぎうら・たいよう)

1981年、大阪府出身。俳優、3児の父、妻の辻希美さんは「元モーニング娘。」。料理レシピ集『杉浦太陽のまいにち!ベジごはん』(KADOKAWA、2014年)を出版、ベジタブル&フルーツアドバイザーの資格も取得している。NHK「キッチンが走る!」に出演。

杉浦太陽さん 新聞レシピdeクッキング

RECOMMEND“よんどく!”おすすめ記事

ハッピーニュース2016発表新聞社のNIB出前授業18歳選挙ハッピーニュース2017募集中!スペシャルインタビュー