by 日本新聞協会

おいしい楽しい 手作り弁当

倉田 純花さん(熊本県:19歳)

熊本日日新聞 2016年9月30日付朝刊を読んで

毎朝早く起きて、お弁当を作ってくれている両親。自分で作ると、その苦労がよくわかると思う。

高校生が自分たちで作ったお弁当。キャラ弁や食材にこだわったお弁当があり、見ていてこちらも楽しくなってきた。私は現在自分で作っていない。たまには自分で作ってみようと思わせてくれるような記事だった。将来子どもができた際に、たくさんキャラ弁を作ってあげたいと思った。食べ物の大切さ、親のありがたみ、料理の楽しさなどたくさんのことを学ぶことのできるこの行事はとてもいいと思う。他の学校にも広まっていくといいと思う。

miwaさんのコメント

高校生について書かれた記事を同年代の女の子が読んで、将来の子どもへの思いを抱いたり、両親に感謝したりしています。

新聞を通じて親近感を感じたり、共感したり、また自分に置きかえて考えるというのがすてきだなと思いました。

miwa(シンガー・ソングライター)

RECOMMEND“よんどく!”おすすめ記事

ハッピーニュース2016発表新聞社のNIB出前授業18歳選挙ハッピーニュース2017募集中!スペシャルインタビュー