by 日本新聞協会

コウノトリ 幸せ運ぶ?

水谷さん親子(愛知県)

中日新聞 2015年12月25日付朝刊を読んで

<息子・英祐さん>

福井県の繁殖事業で初めて生まれためでたい個体が、愛知県に飛んできてくれてありがたい。このコウノトリが幸せを運んでくれれば、とてもうれしい。わざわざコウノトリのゆめちゃんが、遠く離れた福井県から愛知県まで飛んで来てくれたのだから、何かいいことが絶対にあると思う。僕はコウノトリを見たことがないので、一度見てみたい。自分の家も愛知にあるので、このコウノトリのゆめちゃんが家の近くに来てくれるとうれしい。

<母・直代さん>

息子からコウノトリのニュースを聞き、コウノトリが幸せを運ぶことが、彼の中で関連していることに最初驚いた半面、少しロマンチックな感じがしました。赤ちゃんを運んでくるコウノトリ…。我が家へ赤ちゃんはもう運んでこないとは思いますが、遠い福井県からきっと我が家を通り道にして愛知に飛んできたのだから。

幸せを私たちに空から落として行ったことを、信じようと思います。榊原さんと息子と一緒に、ゆめちゃんを見守ってあげたいです。愛知が第二の故郷かな。毎年来てくれるかな…。一度、ゆめちゃんに会いたいですね。いいこといっぱい、HAPPYな新しい年が迎えられそうです。

RECOMMEND“よんどく!”おすすめ記事

HAPPY NEWS 2015 大賞新聞社のNIB出前授業18歳選挙スペシャルインタビュー