by 日本新聞協会

隠しっこ

水口 文子さん(静岡県:52歳)

毎日新聞 2015年12月12日付朝刊を読んで

モノを隠してしまう妻と、それを探し出す夫の生活は、夫の愛情とユーモアが支えている。妻の行動を「隠しっこ」という遊びととらえ、オニ役を楽しんだり、「隠す」という言葉を嫌う妻のために言葉を言い換えたりして、妻に寄り添う姿に心を動かされた。

自分が相手に歩調を合わせることで、お互いを大切にし、心穏やかに生きていく知恵。「連れ添う」というのは、こういうことを指すのではないだろうか。全てに当てはまるわけではないが、困難の中には受けとめ方、考え方によって、和やかに対応できることがあるのが分かる。その前提が愛情と理解であることも。

私もいつか、オニ役を長くやる時がくるかもしれない。つらくて役を降りたくなった時のお守りとして、この記事はずっと手元に置いておこう。

RECOMMEND“よんどく!”おすすめ記事

HAPPY NEWS 2015 大賞新聞社のNIB出前授業18歳選挙スペシャルインタビュー