by 日本新聞協会

社会人向けワークショップレポート @文房具カフェ

東京・表参道の文房具カフェで、会社員、大学生など25人がワークショップに参加しました。

開催日
2015年5月26日19時30分~(約2時間半)
開催場所
文房具カフェ

ワークショップの様子

会場には全国紙のほか、各県で発行されている地方紙や、農業、漁業などに特化した専門紙をそろえました。普段目にすることの少ない新聞を手に、ほとんどが初対面の参加者の方々も盛り上がりました。お酒とおいしい食事を楽しみながらのワークショップに、「おしゃべりをしながら、記事をシェアできるのが楽しかった!」といった感想が寄せられました。

参加者の声

30代男性(高校教師)

「人」っていいなと伝わる写真を中心にピックアップしました。新聞は堅苦しいイメージがあるけれど、人と人がつながる柔らかいものという考え方もできて、自分が教えている学校でもスクラップブッキングをやってみたいと思いました。

MORE

20代女性

地方紙の三面記事から地方特有のものを集めてみました。東北地方の新聞では「きょうのやませ」というコーナーがあったり、北陸の新聞では「きょうの蜃気楼(しんきろう)予報」があったり、九州地方では、火山の情報があったりと楽しめました。

MORE

20代女性

父の日にちなんで、父の日の楽しそうな過ごし方を3つ集めてみました。アクティブなパパには、ボルタリングを紹介し、スイーツなパパにはパウンドケーキの話題を伝えてみて、祭り好きなパパには全国の祭りの情報を折りたたんで作ってみました。

MORE

RECOMMEND“よんどく!”おすすめ記事

ハッピーニュース2016発表新聞社のNIB出前授業18歳選挙スペシャルインタビュー