by 日本新聞協会

OUENDAN新聞応援団

各界で活躍されている方の日常には、いつも新聞がある。

タレント、スポーツ選手、文化人など、各界で活躍するみなさんに、新聞の読み方や活用術、新聞への思いをお聞きした、スペシャルインタビュー特集!!さまざまな著名人へのインタビューは、こちらにも掲載!あわせてご覧ください。 ※所属・肩書は掲載当時

2011年10月

新聞は「先生」 人の心読める記事に期待

木佐彩子さん | フリーアナウンサー

毎朝6時に起床。家族が起きるまで、新聞で大きなニュースをチェックすることから一日が始まる。まず1面、そして海外のニュース――。「アナウンサーにとって、新聞は常に欠かせない『道具』です」 フリーのアナ…続きを読む

2011年10月

目標は新聞で探せる

今村久美さん | 社会起業家

大学生スタッフが高校生から悩みを聞き、進路の相談に乗る・・・・。そんなキャリア学習プログラムを運営する、NPO法人「カタリバ」代表理事の 今村さん。「社会起業家」として注目され、忙しく全国を飛び回…続きを読む

2011年10月

新聞を手掛かりに震災後を生きる

和合亮一さん | 詩人

 「福島で生きる 福島を生きる」。和合さんの詩「決意」の一節だ。 3月11日に起きた東日本大震災後、インターネットのツイッターに連日投稿した詩が、大きな反響を呼んだ。地震、津波、そして東京電力福島第…続きを読む

2011年4月

セールスマンにとって大きな武器

舘野文誉さん | ヤナセBMW名古屋支店セールスマネジャー

「車が売れない時代」。輸入車セールスマンの舘野文誉さんにとって、国内自動車市場でささやかれるこんな言葉はあまり実感がない。情報のアンテナを張り巡らし、朝も夜も自分の時間を削って顧客の元に駆けつけ…続きを読む

2011年4月

新聞を親子のコミュニケーションに

町田守弘さん | 早稲田大学教育・総合科学学術院教授

「インターネット社会になった今も、新聞の意義は大いにある」と早稲田大学の町田守弘教授は語る。「インターネットは『速い情報』。素早く知ることはできても、十分に検証されていないまま発信されている面がある…続きを読む

2011年4月

きっかけは受験勉強

南沢奈央さん | 女優

 ドラマや映画、バラエティー番組で幅広く活躍しながら、女子大生としても多忙な日々を送る南沢さん。インタビューの冒頭、「新聞は好きですか」との直球に、あどけなさが残る笑顔で「はい」ときっぱり。 「新聞…続きを読む

2010年12月

「伝説の人事部長」新聞を語る

小宮謙一さん | クレディコム社長

 面接した学生は2万人を超える。人材コンサルティング会社、クレディコム社長の小宮謙一さん。リクルートとソフトバンクグループで採用を担当し、学生が社会人へと変身していく場に立ち会ってきた。 そんな採用…続きを読む

2010年11月

紙のにおいや形が好き

宮本恒靖さん | ヴィッセル神戸

1987年、小学5年生だったサッカーJリーグ1部ヴィッセル神戸の宮本恒靖選手は、新聞の片隅にある小さな記事に目を留め、心を躍らせた。 「2002年ワールドカップ(W杯)の開催地に日本が立候補し…続きを読む

2010年2月

新聞は記事の優先順位がはっきりしている。世の中の現状を把握するイメージ

粟飯原 理咲さん | アイランド株式会社 代表取締役 大阪府出身

女性向けポータルサイトを運営する「アイランド」代表取締役の粟飯原理咲さんは、50分ほどの通勤時間を利用して新聞を読んでいる。「新聞は記事の優先順位がはっきりしている。世の中の現状を把握するイメージで…続きを読む

RECOMMEND“よんどく!”おすすめ記事

ハッピーニュース2016発表新聞社のNIB出前授業18歳選挙ハッピーニュース2017募集中!スペシャルインタビュー