by 日本新聞協会

OUENDAN新聞応援団

各界で活躍されている方の日常には、いつも新聞がある。

タレント、スポーツ選手、文化人など、各界で活躍するみなさんに、新聞の読み方や活用術、新聞への思いをお聞きした、スペシャルインタビュー特集!!さまざまな著名人へのインタビューは、こちらにも掲載!あわせてご覧ください。 ※所属・肩書は掲載当時

2011年4月

セールスマンにとって大きな武器

舘野文誉さん | ヤナセBMW名古屋支店セールスマネジャー

「車が売れない時代」。輸入車セールスマンの舘野文誉さんにとって、国内自動車市場でささやかれるこんな言葉はあまり実感がない。情報のアンテナを張り巡らし、朝も夜も自分の時間を削って顧客の元に駆けつけ…続きを読む

2011年4月

新聞を親子のコミュニケーションに

町田守弘さん | 早稲田大学教育・総合科学学術院教授

「インターネット社会になった今も、新聞の意義は大いにある」と早稲田大学の町田守弘教授は語る。「インターネットは『速い情報』。素早く知ることはできても、十分に検証されていないまま発信されている面がある…続きを読む

2011年4月

きっかけは受験勉強

南沢奈央さん | 女優

 ドラマや映画、バラエティー番組で幅広く活躍しながら、女子大生としても多忙な日々を送る南沢さん。インタビューの冒頭、「新聞は好きですか」との直球に、あどけなさが残る笑顔で「はい」ときっぱり。 「新聞…続きを読む

2010年12月

「伝説の人事部長」新聞を語る

小宮謙一さん | クレディコム社長

 面接した学生は2万人を超える。人材コンサルティング会社、クレディコム社長の小宮謙一さん。リクルートとソフトバンクグループで採用を担当し、学生が社会人へと変身していく場に立ち会ってきた。 そんな採用…続きを読む

2010年11月

紙のにおいや形が好き

宮本恒靖さん | ヴィッセル神戸

1987年、小学5年生だったサッカーJリーグ1部ヴィッセル神戸の宮本恒靖選手は、新聞の片隅にある小さな記事に目を留め、心を躍らせた。 「2002年ワールドカップ(W杯)の開催地に日本が立候補し…続きを読む

2010年2月

新聞は記事の優先順位がはっきりしている。世の中の現状を把握するイメージ

粟飯原 理咲さん | アイランド株式会社 代表取締役 大阪府出身

女性向けポータルサイトを運営する「アイランド」代表取締役の粟飯原理咲さんは、50分ほどの通勤時間を利用して新聞を読んでいる。「新聞は記事の優先順位がはっきりしている。世の中の現状を把握するイメージで…続きを読む

2010年1月

読者はあふれる情報を頭の中で整理するために新聞を読んでいる。

吉松 徹郎さん | 株式会社アイスタイル代表取締役社長兼ceo

「インターネットに頼りすぎると、どうしても接触する情報が知りたいと思う情報にばかり偏ってしまうんですね。似たような関連記事ばかりが出てくる。自分の知識の幅を広げるという意味ではネットよりも、やはり新…続きを読む

2009年11月

新聞という紙メディアの持つ力はなくならなかった。

久保 征一郎さん | 株式会社ぐるなび 代表取締役社長

「1990年代の半ば、ぐるなびを立ち上げる際には、『新聞はなくなる』と話したこともあるんですよ…」 飲食店情報の検索サイトとしては草分け的存在のぐるなび。創業時から経営に参加した久保征一郎社長だが、も…続きを読む

2009年10月

ネットビジネスを起業したのは、新聞がきっかけだった。

笠原 健治さん | 株式会社ミクシィ 代表取締役社長

新聞を読んでいた記憶は、小学校低学年ぐらいまでさかのぼれる。 社会面やスポーツ面、テレビ欄が楽しみで、毎日のように読んでいた。「父親が朝、新聞読んでいて、読み終わったところを、はぎとってもらったりし…続きを読む

RECOMMEND“よんどく!”おすすめ記事

HAPPY NEWS 2015 大賞新聞社のNIB出前授業18歳選挙スペシャルインタビュー