by 日本新聞協会

OUENDAN新聞応援団

各界で活躍されている方の日常には、いつも新聞がある。

タレント、スポーツ選手、文化人など、各界で活躍するみなさんに、新聞の読み方や活用術、新聞への思いをお聞きした、スペシャルインタビュー特集!!さまざまな著名人へのインタビューは、こちらにも掲載!あわせてご覧ください。 ※所属・肩書は掲載当時

2014年9月

紙の新聞は、知識や常識の「主食」です。

渡辺秀人さん | 「新聞党」党首・PR会社役員 

<若者しごと応援ガイド冊子より抜粋> 2013年の年初、企業の広報パーソン仲間と開いている勉強会で、「新聞党を立ち上げる!」と宣言しました。もちろん、政党ではありません(笑)。新聞を応援したい、新…続きを読む

2014年8月

想像力をかき立てる宝庫

見城徹さん | 幻冬舎代表取締役社長

<若者しごと応援ガイド冊子より抜粋>  毎朝6時に起きて、一般紙2紙とスポーツ紙1紙を1時間以上かけてくまなく読みます。1日の始まり。僕にとって欠かせない朝の楽しみです。 1面からめくっていき、…続きを読む

2014年8月

毎日読めば増える「頭の中の引き出し」

岩瀬大輔さん | ライフネット生命保険代表取締役社長兼COO

<若者しごと応援ガイド冊子より抜粋> 新聞は経済紙と英経済紙を毎朝、読んでいます。解説と特集記事が中心で、文化面や書籍広告もよく見ます。いろんな雑誌を購読していることもあって、新聞にかける時間は2…続きを読む

2014年8月

新聞はその日だけしか買えない。一日しか売っていない本

石崎孝多さん | フリーペーパー専門店「only free paper」元代表。

今年6月、渋谷にあるギャラリー(PLACE) by methodで、新聞だけを扱う企画展「Only News Paper」が開催されました。 普段あまり目にすることのない業界紙や個人が発行する新聞など、約100紙を展示。新聞本来…続きを読む

2014年7月

新聞は手元におきたくなる、大切なもの。〜兼松さん後編〜

兼松佳宏さん | greenz.jp編集長

「社会の課題を自分たちで楽しく解決すること」をモットーに、ソーシャルデザインという言葉を、日本中に席巻させた「greenz.jp」。若者の間で大変人気を博しているウェブマガジンです。全国各地から届くソーシャル…続きを読む

2014年7月

新聞は、社会を良くするアイデアの宝庫 〜兼松さん前編〜

兼松佳宏さん | greenz.jp編集長

「社会の課題を自分たちで楽しく解決すること」をモットーに、ソーシャルデザインという言葉を、日本中に席巻させた「greenz.jp」。若者の間で大変人気を博しているウェブマガジンです。全国各地から届くソーシャル…続きを読む

2014年6月

新聞の良いところは「見開き文化」

別所哲也さん | 俳優

映画・テレビ・舞台・ラジオ等で幅広く活躍する俳優の別所哲也さん。月曜から木曜の朝6時から東京のFMラジオ局J-WAVEで放送している「J-WAVE TOKYO MORINIG RADIO」では、番組が始まる前に必ず新聞数紙を読み比べ…続きを読む

2014年4月

新聞から得る気持ち良さ

川村元気さん | 映画プロデューサー、作家

朝、電車の中で紙の新聞を読むのが日課だ。 「携帯電話ってすごい引力があって、持てば絶対に見てしまうじゃないですか」。 だからあえて遠ざけ、新聞を手に取って読むようにしているという。 あまり目立…続きを読む

2014年4月

知らない世界、広がる楽しみ

八田亜矢子さん | タレント

昨年暮れに入籍した新婚ほやほや。ご主人は東大の同級生だ。進学校から東大へ進み、大学1年の時にミス東大に選ばれる。以来、テレビ番組出演など多忙なタレント業をこなしながら、公衆衛生学を学び、出生前診…続きを読む

RECOMMEND“よんどく!”おすすめ記事

HAPPY NEWS 2015 大賞新聞社のNIB出前授業18歳選挙スペシャルインタビュー