by 日本新聞協会
BACK INDEX

OUENDAN新聞応援団

2014.11.21 update.

頭にすっと入る新聞の伝え方

北乃きい | 女優

日本テレビ系列、朝の情報番組「ZIP!(ジップ/毎週月〜金05:50〜08:00)」で「総合司会」を務める女優の北乃きいさん。ニュースや情報を毎日伝えるため、心がけている点をうかがいました。

※北乃さんのインタビューは、前編、後編の二部構成になっております。後編も11月28日(金)よりご覧いただけます。

 

北乃きい

−−毎日、早朝からのお仕事になりましたが、生活のリズムは変わりましたか?

いえ、起きる時間はさほど変わらないです。もともと女優の仕事も撮影スケジュールの関係で、朝4時まで撮影して、その後すぐ5時から他の現場入りということもありましたので、朝早く起きることには抵抗はなかったですね。むしろ、しっかり睡眠を取るようにしています。同じ総合司会の日本テレビの桝(ます)アナウンサーからは「次の日のパフォーマンスは、前の日の睡眠がきちんと取れているかで決まる」というアドバイスをいただき、しっかり睡眠を確保する生活をしています!

 

−−朝の情報番組の総合司会、という新しいお仕事について教えてください。

実は最初ちゅうちょしました(笑)。とても魅力的な仕事である一方で、今まで女優の仕事は監督が求める役柄を演じることで成立していたのですが、今度は自分でも考えて、言葉を選んで、視聴者に伝えるという、まったく逆のスタンスの世界に飛び込むことになったからです。特に時事問題に強いとか、何かに長けた知識を持っているわけでもないので、すごく大変なことだと思いました。ただ、番組スタッフの皆さんや、所属事務所の後押しもあって、畑が違うことと思ってやめるよりも、違う分野だけどもやってみようと。

実際にやってみて、ニュースの現場になれるのに必死です。先日も、「やりたい企画があったらコーナーにするよ!」とスタッフさんに言われてやってみたいことを一つ提案してみたのですが、通りませんでした(苦笑)。女優とは違う頭の回路や考え方になったり、現場で新しい出合いもあったりするので、毎日本当に新鮮です!

−−朝の情報番組ということは、やはり新聞を読む機会が増えていますか?

そうですね、毎朝打ち合わせ室の机の上に、たくさんの新聞が置いてあります。そこで、待っている間読んでいるのですが、自分が今日読む原稿の下読みや確認のような意味合いで、各紙に目を通すようになりました。

最初は総合司会として、たくさんのニュースに触れたいと思い、ネットニュースやテレビのニュースも見ていたのですが、情報量の多さや伝える内容の色がありすぎて、頭に入らず、なじめないことに気がつきました。新聞は、情報量がたくさんあるのですが、事実をありのまま伝えることに特化しているので、記者さんの個性はあるとしても、変な色が少なくて、すっと情報が自分の中に入ってくる感覚があります。だれにとっても読みやすく、伝えやすく書かれている新聞のすごさを感じます。

私もZIP!の司会をやることに対して、自分の色をだすことよりも、正確な情報をきちんと視聴者に伝えることを心がけています。新聞は万人が読むものですので、新聞のような伝え方が一番勉強になるかもと思い、ZIP!でそのようにできたらと思っています。そこから、新聞をもっときちんと読もうと思うようになりました。

PROFILE北乃きい

テレビや映画、cm、舞台にと若手女優として活躍。 映画「先生と迷い猫」が2015年秋、全国ロードショー。2014年9月29日よりntv系列の情報番組「zip!(全国ネット、毎週月〜金 5:50〜8:00)」で、総合司会を務める。

RECOMMEND“よんどく!”おすすめ記事

ハッピーニュース2016発表新聞社のNIB出前授業18歳選挙スペシャルインタビュー