by 日本新聞協会
BACK INDEX

OUENDAN新聞応援団

2014.10.09 update.

様々な記事に出合えることが一番大きな収穫~前篇~

kiki | モデル・女優

KIKI-Mモデル、女優として、雑誌をはじめ広告、TVなどで活躍するKIKIさん。エッセーやコラム連載の執筆を手掛けたり、自身の写真展を開催したりするなど多方面で活動中です。忙しい時間の中でも、新聞を読むことを大切にし、新聞から多くのことを得ているそうです。

KIKIさんに新聞の面白さ、楽しみ方などを伺ってきました。2回に分けてインタビューをお届けします。まずは前編からご覧下さい!

**********

 

新聞に目を通し、記事や見出しを見るだけでも、たくさんの情報が入ってくる。自分が興味を持つこと以外の記事に出合えるということが一番大きな収穫。

 

―新聞を読み始めたきっかけは?

実家に帰ると新聞をまとめ読みしていて、それで満足していたのですが、なんとなく自分でも新聞を取ってみようかなと思ったのがきっかけで新聞購読を始めました。

 

私は普段テレビの無い生活をしているので、何もしないと世の中のニュースや時事的なことを全く知ることが出来ません。ウェブやスマートフォンで情報を得ることもできますが、パソコンで記事を読むことも苦手ですし、興味のある記事だけを見ていると、それ以外の情報が入ってこないことが本当に良くないと思っていたので、新聞を読むようにしています。

 

新聞のすべてのページをしっかり読んでいるかと言ったら、そうでもないのですが、記事や見出しを読むだけでも、色々な情報が記憶として残りますし、気になった記事やコラムはじっくり読んだりして、新聞を通して色々な情報を仕入れる方法が私にはとても向いていると思います。仕事柄、色々なことを知っていたいというのはもちろんありますが、一人の大人として世の中のことを把握しておきたいという気持ちが強いですね。

 

―どんな風に新聞を読んでいますか?

新聞に目を通し、記事や見出しを見るだけでも、たくさんの情報が入ってきます。新聞を読んでいる時に興味がなくても、時間が経ってから「あっ、そういえば新聞で見たな」と思い出すことも結構あります。そこでまた、調べなおしたり、興味を持ったりすることが出来るのが良いところですよね。ウェブで見たことはあまり記憶に残っていないのですが、新聞で見た記事や見出しは記憶に残っていることが多い。それはとてもありがたいことです。

 

仕事で家を空けることが多いので、新聞をまとめ読みすることもありますが、記事が古くなっても、一つの読み物として読めることが面白い。自分にとって活字を読むことはとても大事なことです。刺激を受けていないと枯渇するというか、興味を持つこと以外の記事に出合えることが一番大きな収穫ですね。

 

―特に好きな面などありますか?

新聞一面に掲載されているコラムがとても好きです。コラムを読んでいて、「あーすごいなー」といつも舌を巻く感じです。取り上げている内容もそうですが、文章の書き方、まとめ方、視点、過去の記事や、これまで蓄積された情報をうまく使って、過去の出来事と今起きているニュースをうまく絡めて書いている。それは記者としての経験など、これまで長く積み上げてきたものがあって、初めてできるもので、短期間で簡単に得られるものではないと思います。自分も文章を書く仕事が多いので、コラムはとても刺激になりますし、コラムを書いている方は本当に素晴らしいと思います。

 

―楽しみにしている記事は他にもありますか?

今、松山にある道後温泉のアートイベントのお仕事をしているのですが、「道後温泉」といえば夏目漱石「坊っちゃん」。ということで、久しぶりに夏目漱石の作品を読み直そうと思っていたところ、購読している新聞紙面で、100年ぶりに夏目漱石「こころ」の再連載が始まったんです。100年前、1914年当時と同じ4月20日から連載がスタートし、当時と同じ全110回に分けて掲載されているので、文庫で読む感じとはまた違う感覚で楽しめました。毎日楽しみで、必ず読みたくなるんです。当時のまま小説を載せるだけではなく、100年前のこの日にはこういう事件があったとか、小さいコラムもついているので、興味深く読んでいます。

先日やっと「こころ」の連載が終わったと思ったら、10月1日からは「三四郎」の連載が106年ぶりに始まって(笑)。それでまた、新聞をめくるのが毎日楽しみになっています。新聞がたまってしまっても、連載だけは読まないと!と思って、読み続けています。その連載を読みたくて、新聞を広げますが、他の記事も読まないと損な気がして、ついつい新聞をめくってしまいます(笑)

********
後編は10月14日(火)公開予定です。

PROFILEkiki

武蔵野美術大学造形学部建築学科卒。雑誌をはじめ、広告、tv出演、連載の執筆、近年では自身の写真展『prisma』シリーズを発表するなど多方面で活動中。近著に『美しい山を旅して』(平凡社)、『kiki love fashion』(宝島社)など。現在、愛媛県 松山市 道後温泉で開催中のアートの祭典「道後オンセナート2014」にアーティストとして参加している。 ▼「ホテルホリゾンタル」<a title="http://www.hotelhorizontal-dogo.com/" href="http://www.hotelhorizontal-dogo.com/" target="_blank">http://www.hotelhorizontal-dogo.com/</a> ▼公式ブログ <a title="http://blog.honeyee.com/kiki/" href="http://blog.honeyee.com/kiki/" target="_blank">http://blog.honeyee.com/kiki/</a>

RECOMMEND“よんどく!”おすすめ記事

ハッピーニュース2016発表新聞社のNIB出前授業18歳選挙ハッピーニュース2017募集中!スペシャルインタビュー