by 日本新聞協会
BACK INDEX

HAPPY NEWSハッピーニュース

2017.11.17 update.

「米フェス」初の開催

福島民報社 | 2017年10月27日掲載

◎「米フェス」初の開催 あすから西会津 「ふるさとまつり」で

 第三十二回西会津の文化と産業祭「西会津ふるさとまつり」は二十八、二十九の両日、西会津町のさゆり公園で開かれる。

 西会津産コシヒカリを提供する食堂や新米の早食い大会などを繰り広げる「米フェス」、地元の菓子店自慢のスイーツが楽しめる「至福のスイーツマウンテン」、地上約三十メートルから公園を見下ろせる熱気球体験コーナーをそれぞれ初開催する。

 二十八日、子どもたちに人気の宇宙戦隊キュウレンジャーのショーなどを催す。二十九日はプロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島ホープスの選手らによる野球教室とファン感謝祭などを開く。

 時間は午前九時から午後三時まで。問い合わせは西会津町商工観光課 電話0241(45)2213へ。

 にしあいづ観光交流協会の清水幹久会長、にしあいづ観光クルーの斎藤貴子さんと榎本梨奈さんは、PRのため福島民報社を訪れた。町商工観光課地域振興係の斎藤俊一郎主査が一緒に訪れた。

【写真説明】 西会津ふるさとまつりをPRする(左から)斎藤さん、清水会長、榎本さん

この記事でHAPPYな気持ちになったら

VOICE!矢吹司 20歳 大学生 福島県

 10月28、29日に、西会津町のさゆり公園で「西会津ふるさとまつり」が開催され、さまざまなイベントが行われた。その中で、西会津産コシヒカリを使用して新米の早食い競争などを行う「米フェス」が初めて開かれた。全国でも有数の米どころである会津の新米を使っていることもあり、早食いでもおいしく米を食べることができたようだ。米フェスの他にも、地元の菓子店のスイーツが楽しめる「スイーツマウンテン」や熱気球の体験コーナーが開かれ、盛況だったようだ。こうした地元の名産を生かしたイベントは地域活性化につながる。非常に実りのあるイベントだったのではないだろうか。

HAPPY NEWS SHARE RANKINGHAPPY NEWS facebookシェア ランキング

RECOMMEND“よんどく!”おすすめ記事

ハッピーニュース2016発表新聞社のNIB出前授業18歳選挙ハッピーニュース2017募集中!スペシャルインタビュー