by 日本新聞協会
BACK INDEX

HAPPY NEWSハッピーニュース

2017.09.14 update.

日本一の県産酒PR 

福島民報社 | 2017年8月20日掲載

日本一の県産酒PR 東京でイベント 過去最多1100人来場

県産酒の魅力を首都圏でアピールする県酒造組合の「ふくしま美酒体験」は十九日、東京都渋谷区のセルリアンタワー東急ホテルで開かれた。過去最多の約千百人が来場し、全国新酒鑑評会で金賞受賞数「五年連続日本一」に輝いた県産酒を堪能した。
毎年開催しており二十回目。これまでで最も多い県内四十五蔵元が出展し、昼と夜の二部制で金賞受賞酒など自慢の酒を振る舞った。来場者は各蔵元のブースを巡り、銘柄ごとの味の違いなどを楽しんだ。オープニングセレモニーでは県酒造組合の新城猪之吉会長(末廣酒造社長)が「福島県産酒をたくさん飲み、おいしさを周囲にも伝えてほしい」と呼び掛けた。
イベントに先立ち記者会見も開かれた。新城会長は「今年も素晴らしい酒ができた。東京電力福島第一原発事故に伴う風評払拭(ふっしょく)に向け、福島県産酒ファンをさらに増やしたい」と語った。

【写真説明】 首都圏で県産酒の魅力をアピールした「ふくしま美酒体験」

この記事でHAPPYな気持ちになったら

VOICE!矢吹司 20歳 大学生 福島県

8月19日に、東京都渋谷区のセルリアンタワー東急ホテルで「ふくしま美酒体験」が開かれた。毎年開かれるイベントのようで、今年で20回目の開催という。これまでで最多となる1100人もの人たちが来場されたということで、福島の地酒の良さが全国的に広まっていることが分かる。福島県は、全国新酒鑑評会で金賞受賞数が5年連続日本一となった有数の酒どころである。今後も福島のおいしい酒を全国に発信していき、ネット販売や酒蔵を実際に訪れる人を増やして地域活性化につながっていけばうれしく思う。

HAPPY NEWS SHARE RANKINGHAPPY NEWS facebookシェア ランキング

RECOMMEND“よんどく!”おすすめ記事

ハッピーニュース2016発表新聞社のNIB出前授業18歳選挙スペシャルインタビュー