by 日本新聞協会
BACK INDEX

HAPPY NEWSハッピーニュース

2017.07.19 update.

七夕 ササの葉揺れる

愛媛新聞社 | 2017年7月7日掲載

七夕 ササの葉揺れる 「事故ゼロへ」 園児が手作り 愛南署に贈呈
愛南町城辺甲の城辺保育所の園児が6日、交通安全の願いを込めた手作りの七夕飾りを愛南署に贈った。署の玄関に10日まで飾られる。

毎年、城辺駐在所連絡協議会と協力して、七夕に合わせて制作。今年は6月から作業を進め、全園児140人が保護者らと協力して、1・5~4メートルのササ3本に「右と左をみてからわたる」「出かけるときは車に気を付けます」などと書いた短冊を飾り付けた。

6日は署で贈呈式があり、園児28人が参加。園児を代表して木田康太郎ちゃん(5)と中井瀬里菜ちゃん(5)が「一生懸命作ったので飾ってください」と山田昭人署長(57)に七夕飾りを手渡した。山田署長は「愛南町で事故が起こらないように頑張ります」と返答した。(清家康尊)

【写真説明】交通安全の願いを込めた七夕飾りを愛南署に贈る城辺保育所の園児ら

掲載許可番号:G20180501-04222

 

空まで願い事のせて 松山空港 園児64人短冊結ぶ

七夕を前に松山市南吉田町の松山空港で6日、近くにある桃山幼稚園の年長児64人が願いを込めた短冊をササに結び付けた。

地域の住民らに七夕を楽しんでもらおうと、全日空松山空港所が毎年企画し6回目。今年は高さ1・8メートルのササ3本を用意した。

同社搭乗手続きカウンター前では、浴衣姿のスタッフが織り姫とひこ星の物語を紙芝居で披露。手作りの帽子をかぶった園児らは七夕の童謡を歌いながら元気いっぱいに踊った。園児らはスタッフに抱き上げられ「たんていになれますように」「げんきにすごせますように」などと書いた短冊をササに結んだ。

ドーナツ屋さんになりたいと短冊に書いた藤田沙蘭ちゃん(5)は「七夕のお歌も上手に歌えた。紙芝居も楽しかった」と話した。

ササ飾りは約1カ月間、同社搭乗手続きカウンター前に飾られる。(宇都宮理恵)

【写真説明】空港スタッフと一緒にササに短冊を結び付ける園児

掲載許可番号:G20180501-04223

この記事でHAPPYな気持ちになったら

VOICE!上源 21歳 大学生 愛媛県

園児たちが願いを込めて七夕飾りを一生懸命作ったと知り、幸せな気持ちになりました。事故などにあうことなく、健やかに成長してほしいと思います。

HAPPY NEWS SHARE RANKINGHAPPY NEWS facebookシェア ランキング

RECOMMEND“よんどく!”おすすめ記事

ハッピーニュース2016発表新聞社のNIB出前授業18歳選挙スペシャルインタビュー